アメリカの建築事情基準法

アメリカは日本よりも常に先をいっている勢いのある国と言う印象がありますが、アメリカの建築事情とはどのようになっているのでしょうか。日本は地震大国とも言われていますが、そんな大きな地震にも耐えることのできる耐震性の強い建築が近年ではされておりますので、私たち国民が安心して暮らすことが出来る家になりつつあるのです。一方でアメリカの建築基準法とは、日本の王に政府が作成しているのではなく、民間の団体が作られているようです。あまり厳しくはなさそうな印象を受けますが、International Building Codeという法律を抑えておくといいようなので、これからアメリカで建築を学びたいと思われている方は、頭に置いておくといいのではないでしょうか。このInternational Building Codeがベースとなりますので、州によって多少異なる部分はあるのですが、応用を効かせることができるでしょう。書籍などを探す際にも、International Building Codeで検索をしてみるとみつかりますので、日本からでも購入をすることが出来るのではないでしょうか。建築の仕事をする上で建築法は必須となりますので、しっかりと抑えておきたいですね。